その他

2013年のホームページ制作実績の新着情報を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2013年のホームページ制作実績のお知らせ

実は弊社では毎年新着情報で年の終わりごろに、ホームページ制作実績を公開しておりました。

この目的は主にSEO対策になっており、新着情報を公開して、内部リンクを設置していくことで、弊社のホームページの実績ページのSEO効果を高めようと考えたのです。

そしてこの効果についてはお恥ずかしながらあまりないのですが、それはなぜになっているのか、そしてどうすれば成果を出せるのかについてご紹介をいたします。

ホームページ制作実績の新着情報

ホームページ制作実績の新着情報

ホームページ制作実績の新着情報を制作しておりますが、最近はこの活動を辞めております。

その理由としては現在のグーグルは基本的には、価値のないページは無視して、価値のあるページだけでホームページを判断しているので、例えば、2013年のホームページ制作実績ページのように単純に実績になるので、作成する記事内容に困ってしまうようなページはできる限り作成しないようにしなくてはなりません。

そしてこの現在のSEOに照らし合わせたときに確かにこういったページを作成しましたという記事を書けるものにはなりますが、しかし基本としてはそのホームページ制作実績ページに記述しているので、実は新着情報に原稿を書くことが非常にハードル高くなっております。

そのため、これらをしっかりと行うことで、御社のホームページ制作は成功するので、このような実績紹介の新着情報を量産するというのは非常に難しいものになるのです。

どのような実績紹介だと成果が出るのか

どのような実績紹介だと成果が出るの

ではこちらの新着情報は、どのようなページであれば成果を出せるのでしょうか。

この新着情報への実績を打ち出す際に、まず大切なのは実績詳細ページと原稿を変えることになっております。

そしてこれらをしっかりと変更することこそが、新着情報に実績を打ち出すメリットになっており、ここでは実は新着情報になるので、対して文字数は影響しないのです。

そのため、まずはしっかりとホームページにある実績ページの本文と異なるように記事を書いていくこと、そしてこれらをしっかりと記載していくことでSEOとして効果があるかもしれません。

そしてここであるかもしれないといった理由としては、なかった場合のことを考えることが重要でなかった場合においては、基本的にはそのページの現航路リライトしていくことが重要になってきます。

基本的には現在のグーグルはそのページを見たときに検索結果に表示さえるかどうかを判断しており、もし掲載する必要がないと判断されると、そのページは見た目には存在するページですが、グーグルの中では存在しないとされるのです。

そのため、価値がないと見なされればそのページのリライトを行うことが重要で、李愛とまでを計画建てて行うことで御社のホームページは本当に成功することができるのです。

そしてこの価値の有無については一切公表されておらず、さらにはSEOの多くの専門家でも分からないものになっているので、制作後に様子を見てチューニングしていく必要があるのです。

新着情報の扱いは難しい

新着情報の扱いは難しい

そしてこのような新着情報の扱いは非常に難しく、どうすれば成果を出せるのかや、成果が出るようにしっかりと記事を書いたりしても効果が出ないこともあるのです。

基本的には弊社のコーポレートサイトにおいても新着情報を更新はしているのですが、どの新着が価値がありどの新着が価値があるのかは、調査して見なければ分からないものになっております。

そのため、新着情報で効果を出すことは非常に難しいものになっていると認識をすることが大切になり、単に公開するだけではなく、その効果を調査してリライトすることも重要なのです。

ここまでを徹底して行うことはあまりありませんが、実際に行っていただいた企業さまはある日突然検索順位が上がっているので、しっかりと対応をしていく必要があるのです。

2013年のホームページ制作実績のお知らせのようなページ作成

2013年のホームページ制作実績のお知らせのようなページ作成

2013年のホームページ制作実績のお知らせのようなページ作成を行う際には、このページ自体に価値がない可能性が高いという認識を持たなくてはなりません。

この認識がないと、いざ効果がなければ非常にがっかりする結果になるので、しっかりとこれらを持ってホームページの更新を行うことで期待以上の成果を得ることが可能なのです。

実際に弊社のホームページの新着情報も13/50くらいが価値がないとみなされているので、今後はこれらを以下に価値があるとみなしてもらうかを考えることで本当に成果の出るSEOになると思います。

ただ実際にこの価値があるかないか、さらにはどうすれば価値が出るのかについては、一切公表されていないもので、さらには分析をしても分からないので、これらを分かっている方というのはほとんどいないという現状があるのです。

そのため、分からないなりもしっかりと価値について考えることで、本当に成果の出るSEO対策となると思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*