その他

内部SEOについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
内部SEOとは

内部SEOをご存知でしょうか。

内部SEOとは基本的にはお客さまが中心に行いたいものになっており、この内部SEOはホームページの情報が追加されるので、外部対策よりもモチベーションを保つことが簡単なものになっているのです。

そして現在のSEOでは正しい内部SEOを行うだけで意外と上げることが可能になるので非常に多くのホームページでは内部SEOに力を入れております。

そこで今回は内部SEOについて大阪のホームページ制作会社である弊社が考える内部SEOについてご紹介をいたします。

内部SEOとは

内部SEOについて

内部SEOとは、ホームページの内部をSEOに最適化することになっております。

そしてこの内部SEOにおいては、基本的にはホームページのコードの書き方であったり、ページ作成法を最適化することになっております。

そのため基本的にはこの内部SEOにおいては、まずホームページ制作会社の選定を行い、内部SEOに強いホームページ制作を行うことから始まるのです。

そしてこの内部SEOをしっかりと行った後、自社でもこの内部SEOを使ったホームページ運営を行うことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そしてこの内部SEOにおいては、実は外部SEOを行うことよりもグッと簡単なものになってくるので、しっかりとこれらを行うことで本当に成果を出せるようになるのです。

内部SEOはクローラビリティー

クローラビリティー

そして内部SEOの基本として必要なクローラビリティーは非常に重要になります。

このクローラビリティーは基本的にはホームページ制作会社が行うものになっているのですが、このクローラビリティーを最大限高めることで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そしてこのクローラビリティーは基本的には実際に数多くのホームページ制作を行ってみた結果、かなり重要になっており、もちろんこのクローラビリティーだけで内部SEOで成功させることは難しいのですが、しかしクローラビリティーを高めることで、ホームページ運営を行ったときの効果や、検索順位が安定して伸びるようになっております。

このクローラビリティーの高いホームページ制作は現在の内部SEOにおいては最も重要であると言っても過言ではないので、しっかりとこれらを対策建てて行うようにしなくてはなりません。

もう一つはページ作成

ページ作成

そしてこれはお客さま側の作業になるのですが、クローラビリティーの高いホームページを納品してもらったら、次はそのホームページで、更新作業を実施して頂いております。

この更新作業は本当に大変なものになっていて、実際に弊社では何ページを作成するかを数値データとして出してからお客さまに更新をお願いしているのですが、多くが100ページから300ページのホームページ制作となっております。

そしてさらにはこの更新方法について、基本としては、お客さまに制限を付けており、何文字くらいや、画像を使うなどのルールを課しているのです。

そして実際にSEOを考えたお客さまにおいては、かなり成果を出すことに成功しているのですが、これらの作業をしっかりと行い続けることが本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そしてさらにはある程度検索順位が上がった後に、もうSEOは良いとなったとしても、この更新作業は継続して頂いており、これらをしっかりと行い続けることでSEOは安定して御社の期待を超える成果を出せるホームページとなるのです。

そして被リンクが勝手に集まるようなホームページ、あるいは極端にライバルが弱いホームページ以外は上がった後もホームページの更新を行っていただくことを推奨しており、これらを行うことで検索順位が落ちないホームページとなるのです。

内部SEOの重要性

内部SEOの重要性

基本的にはSEOは内部SEOと外部SEOの二つしかありません。

そして内部SEOと外部SEOを考えたときにまず弊社が推奨するのが内部SEOであり、この内部SEOだけでも上位表示を実現するホームページがあります。

そして外部SEOに依存したホームページを制作したことはないのですが、しかし実際に労力的には、内部SEOだけでSEOを行うことの方が効果を出せるように思われます。

そしてさらにはこの内部SEOは実は検索順位の安定には非常に重要であり、実際に弊社では内部SEOを行っている会社と内部SEOを行った後に外部SEOを行っている会社があり、見ているとどうしても外部SEOは順位がばらつくように思われます。

そしてSEO対策の調査をしているとまったくの他社のホームページになるのですが、内部SEOをほとんど行わずに外部SEOだけで対応している会社があるのですが、これらのホームページはある日突然圏外に飛ばされたりしているのもよく目にします。

そのため、基本としてはこの内部対策をかなり効果的なSEOができると理解をしてまずはしっかりと内部SEOを行い、そしてその後、検索順位が上がらなければ外部SEOを行うことで本当に成果の出るSEO対策となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*