建築・建設・不動産

不動産会社の効果的なSEO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産会社のSEOは、非常に難しいと言われています。

その理由は、競合他社が真剣にSEOを行っているため、難易度が非常に高いことと、SEOのことを考慮して検索システムの設計を行わなくては、検索エンジンから正しくホームページを評価してもらえなくなってしまうことが要因になります。

弊社は、大阪でホームページ制作を行っており、これまで数多くの不動産会社さまのウェブサイトを作成してきました。

今回は、その経験から不動産会社が行うべき効果的なSEOについてご紹介をいたします。

不動産サイトのSEOのポイント

不動産サイトのSEOのポイントをご紹介いたします。

物件紹介をレインズのデータだけにしない

不動産会社さまの取り扱う物件数は非常に多いため、手動で登録を行うとなると、多くの時間がかかってしまうことや、登録時のミスが発生する可能性も高いため、レインズから物件情報をダウンロードし、そのままアップロードできるようにされている方も多いのではないでしょうか。

しかし、物件紹介ページをレインズから引っ張ってきたデータだけにしてしまうと、競合他社と同じ原稿のページを作成することに繋がるため、SEOでマイナス評価となってしまいます。

そのため、レインズの情報をそのまま利用することは問題ありませんが、その他の御社独自のテキストも含めて物件ページを作成しなくてはなりません。

検索結果ページの重複コンテンツ対策

不動産会社さまのホームページにおいて、例えば「大阪市の物件一覧」と「堺市の物件一覧」ページで、それぞれのページの原稿が大阪と堺が差し変わっているだけで、その他がほとんど同様の内容であった場合は、検索エンジンからマイナス評価を受けてしまいます。

そうならないためにも、物件一覧ページには、物件ごとにオリジナルの文章が表示されるようにし、できる限り物件一覧ページで共通点を減らすことで、SEO的にも問題がない検索結果ページにすることが可能です。

オリジナルコンテンツ作成

オリジナルコンテンツと言うと、他社にはない御社独自のコンテンツのことと感じられてしまうかもしれませんが、実はそうではなく、他社と似たような内容であったとしても、御社自身の言葉で作成し、また他のどのようなウェブサイトよりも詳しいコンテンツのことを言います。

賃貸不動産会社がよく作成するコンテンツとしては、「物件見学からの引っ越しの流れ」や「初めての引っ越し完全マニュアル」などのコンテンツになり、御社もこれらのコンテンツを作成することは問題ないのですが、原稿や画像をそのまま流用したり、言い回しだけを変えたりするのではなく、原稿や画像はもちろん、掲載する内容もオリジナルで作成することで、先に作成していた賃貸不動産会社よりも、効果的なコンテンツとすることが可能です。

スタッフブログの更新

SEOに効果的なコンテンツとして、スタッフブログがあります。

しかし、どのような内容でも更新すれば良いということはなく、ビジネスに関連する内容で更新することが重要です。

検索エンジンは、基本的には、ページごとに評価を行いますが、そのページの内容を深く理解するために、ウェブサイト全体のテーマも認識し、その結果キーワードごとの検索順位を決定します。

そのため、例えば、スタッフブログでは、物件詳細ページでは紹介しきれなかった物件の情報を写真なども利用しながら紹介したり、担当者のオススメポイントを紹介したりして、記事ページの最後にその物件の詳細ページへとリンクを張ることで、SEO効果はもちろんですが、訪問者を誘導することが可能になるため、お問い合わせ数の向上にも繋げることが可能になります。

ALTタグを入れる

不動産会社さまの物件ページには、物件の写真が多く掲載されていると思います。

検索エンジンは、画像を認識することができず、ALTタグからその画像がどのような画像かを認識しています。

そのため、物件の写真には、必ずALTタグを用意して、その画像の説明文を入れるようにしなくてはなりません。

ただし、ALTタグを入れる際には、例えばマンションの写真を複数アップしているときに、すべて物件名とするのではなく、「○○のリビング」など、できる限りそれぞれ固有のALTを入れるようにしなくてはなりません。

成約済み物件ページの扱い方

不動産会社さまのウェブサイトでは、成約済みの物件ページはホームページから削除しなくてはなりません。

しかし、SEOを考えた場合、せっかく検索エンジンからの評価を得ることができているページを削除することは、マイナス評価にも繋がるため、非常にもったいないと言えます。

そのため、成約済みの物件は削除せず、ウェブサイト内にある物件検索の結果ページに表示されないようにすることや、検索エンジンから直接そのページに訪れたユーザに対しては、すでに成約済みであることが分かるように、目立つ箇所に成約済みなどの文言を入れておくことで、検索エンジンの評価を下げないウェブサイトとすることが可能です。

まとめ

不動産サイトのSEOは、競合他社もSEOをしっかりと行っている会社が多いため、難しいと言われています。

だからと言って、力技のSEOで上位を狙うのではなく、まずは基本的なSEOをしっかりと行い、ある程度の訪問者数を獲得できてから、その後、本格的なSEOを予算をかけて行うことがお薦めです。

今回ご紹介させていただきました内容が、これからSEOを行おうとお考えの不動産会社さまの参考になりましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る