製造業・メーカー

ホームページ作成法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうせホームページを作成するのであれば、成果を出したいとお考えの方も多いと思います。

しかしホームページから成果を出すためには、非常に難しくまた手間のかかる作業になってくるため、単発で行うのではなく、継続して正しい方法を行い続けなくてはなりません。

そのため、まずはこれからホームページ制作で成果を出すためには、まずは正しいホームページ作成法を知らなくてはならないのです。

正しい文法のHTML

まずはHTMLを正しい文法で作成していくことが必要です。

正しい文法で作成されたホームページは、検索エンジンが閲覧したときに、そのページにかかれている内容がすぐに理解することが可能なため、SEO効果を大きく向上させることが可能です。

正しい文法のホームページ作成は、検索エンジンが高く評価するホームページ作成になるため、必ず文法に則ったホームページ作成を行うようにしなくてはなりません。

ただし、文法が正しくてもブラウザでホームページを閲覧したときにレイアウト崩れが起きていたら、成果が出ることはないため、レイアウト崩れ対策の行ったホームページ作成を実施することがお薦めです。

各種ツールの導入

グーグルサーチコンソールやグーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツール、XMLサイトマップは必ず導入しなくてはなりません。

これらのツールは、ホームページ制作において非常に重要なツールとなっており、これらのツールを利用してホームページの改善を行うことで、期待以上の成果の出るウェブサイトへと成長します。

特にこれらのツールは導入が非常に簡単であるため、ホームページを制作したら必ず導入し、ホームページの成果向上を図るようにしましょう。

ただし、これらのツールは単にデータを見ているだけではホームページの成果が向上することはないため、必ずデータに基づくホームページの改善を実施しなくてはなりません。

ユーザのためのコンテンツ制作

ホームページとは、ユーザのために制作・運営を行わなくてはなりません。

そのため、ホームページのコンテンツはユーザのために制作されるべきであり、ホームページ訪問者にとって本当に役立つコンテンツ作成が重要になってきます。

ユーザに役立つコンテンツとは、ユーザの知りたいが網羅されているウェブサイトであり、そのためには狙ったキーワードで実際に上位表示しているホームページの中でもっとも詳しいホームページである必要があるのです。

そのため、コンテンツを作成する際には、ユーザが知りたい情報を考えながら作成していき、ユーザの悩みや課題をすべて解決できるコンテンツを作成しなくてはなりません。

文章が読みやすい

当然と言えば当然ですが、ホームページに訪れた訪問者が読みやすいウェブサイトを作成することは重要になります。

そのためのタグはstrongタグが効果的になり、strongタグは強調用のタグになり、見た目は太字になることが一般的です。

現在のホームページは、比較的縦に長いページが多いため、この強調タグをうまく使うことで、訪問者の閲覧速度を高めることが可能であることや、検索エンジンに重要なキーワードを伝えることが可能になります。

内部リンクの設置

内部リンクとは、ホームページ内部から内部へのリンクのことを言い、この内部リンクを設置することで、訪問者に別のページも見てもらうことが可能になります。

また、単に訪問者の誘導だけではなく、内部リンクを設置することで、リンク先のページでリンクの効果が少しあり、内部リンク数が多ければ多いほど、リンク先ページの検索順位を上げることが可能です。

そのため、現在のホームページ作成においては、内部リンクは必ず実施しないといけない対策になってくるため、必ず内部リンクを設置しなくてはなりません。

画像を利用

ホームページの情報がどうしてもテキストだけでは十分に伝わらない場合は、画像を利用するようにしましょう。

画像の利用は、特にブログなどの場合においては、作成する時間がかかるため、面倒くさいと思ってしまいがちですが、画像を利用することもSEOに効果的な対策の一つとなってきます。

まったく画像がないページよりも画像があるページを検索エンジンは評価するようになるため、なるべく画像を利用してユーザのそのページの理解度を高めていかなくてはなりません。

ただし、画像を利用する際にはALTタグを入れてその画像が何なのかを検索エンジンに伝えなくてはなりません。

ホームページ作成のチェックをしっかり行う

ホームページ作成では、必ず細かくチェックを実施していくことが重要です。

ホームページのチェックは、非常に重要となっており、例えばSEO施策としてどうなのかや、ブラウザで閲覧したときにレイアウト崩れが起きていないかなどを細部まで確認することで本当に効果的なホームページ作成とすることが可能です。

もちろん、ホームページ作成会社もチェックをしていますが、ホームページ作成会社に任せきりにするのではなく、お客様自身も確認して、ミスがないホームページを公開するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*