その他

ホームページ運営はまとめて依頼がありがたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページ運営依頼はまとめる

こちらはちょっと愚痴記事のようなものなのですが、ホームページ運営はできれば思い付きで発注いただくよりもまとめて依頼をいただきたいものになっております。

もちろんホームページ運営のご発注を頂けることは本当にうれしいものになるのですが、小出しで出していただいた場合には、その作業は本当に大変なものになりますし、さらには納期も遅くなる可能性があります。

そこで今回はホームページ運営においてはまとめてご発注を頂いたほうが良いという点についてご紹介をいたします。

ホームページ運営はまとめて依頼

ホームページ運営はまとめて依頼

まず小出しで出していただく際とまとめて出していただく際のメリットをお客さま目線でご紹介をいたします。

まず小出しで出す際のメリットは、問題点を見ていたら思いついたら依頼をすることで、改善はしてくれるようになります。

そのため、お客さまの作業としては、これらを行うことは一見手間のかからない楽なものになるのですが、実はこの作業においては多くのデメリットがあるのです。

その理由は小出しの場合は、全体を把握することがなくピンポイントでの改善になっているので、全体的におかしなことになったとしても気が付かないことが多くあります。

これはかなり大きなデメリットになっていると考えられ、例えばある事柄を直してしまったばかりに全体的なバランスが取れないということが十分にあるのです。

そしてこれらは基本的にはホームページ制作会社の営業担当者がお客さまのホームページを把握しているので、アドバイスをくれることもあるのですが、実際に小出しで大量に送られてくると、それらを見逃してしまうことも実際にあり得ます。

そしてこれらを意識しないとどんどんホームページが改悪されていき、もちろんホームページのコーディングがおかしくなるということはないにしてもデザイン面で少し違和感があるようになっていき、せっかくホームページの更新を行っても、逆に成果にとってマイナス要因となってしまいます。

そしてまとめてご依頼をいただくデメリットとしてはお客さまの作業が大変だという点があります。

例えばホームページの改善ポイントを自社内で把握してある程度溜まったら、あるいは小出しとするのであっても最終的にはホームページ制作会社がためていき、そして一気に改定することで、時間がかかるため、本当に大変な作業になっております。

しかし実はこの改善法の方が効率的になっており、もちろん小出しのときよりも費用を抑えることや納期も短くなること、そして何より改定量が多いほうがホームページ制作会社もしっかりとホームページをチェックしてくれるのです。

このようにある程度溜めてからご依頼をいただくことで、本当に効果的なホームページの改善が可能になります。

小出しの制作効率は低い

小出しの制作効率は低い

そしてこの小出しのホームページ制作効率は非常に低いものになっています。

基本的にはホームページ制作においてお客さまに考えて頂きたいのはホームページの制作効率になっており、この効率には限界があるにしても、高ければ高いほど納期の短縮や、見積書を安くすることが可能なのです。

そしてこれは非常に重要な要素になっていると思っており、実はこの弊社の作業効率が成果にも多少ですが関わっているのです。

どういうことかというと、ホームページ制作においては基本的にはソースコードと言われるタグを記述していくのですが、このタグの書き方は、弊社が考えるにグーグルSEOに非常に大きな影響を与えているのです。

どういうことかというと、このタグの使い方は基本的なタグの使い方、例えばHタグの使い方やページタイトルの使い方などにおいては実はライバルもこの辺りはしっかりとしてきているので効果を出すことができません。

そのためこういうよく言われるタグの使い方については、しっかりと行たっとしてもそれほどライバルと変わらない結果になるのですが、実はここで出てくるのがグーグルのクローラビリティーになっております。

基本的にはライバルと本気で差を付けようとするとこのクローラビリティーを高める必要があり、このクローラビリティーを高めることで、効率的なホームページ運営が可能になるのです。

どういうことかというと、現在のグーグルにおいては、最も詳しいホームページを上位表示するのですが、この最も詳しいというのは、上げたいキーワードに関連するページ作成になっております。

そしてこの上げたいキーワードに関連するページ作成においては、実は作成してもグーグルが認識してくれなければ意味がないものになっており、グーグルがページの情報をすべて認識して初めてその効果が出るのです。

そのため、このページ作成の効果を最大化するためにはクローラビリティーを高める必要があり、それらを徹底して行うことで本当に成果の出るホームページ制作となります。

ここで本題になるのですが、このクローラビリティーを高めるためには、ホームページの作り方が非常に重要になっており、小出しの場合は、その都度都度で検討するのですが、基本的には制作者はSEOに効果的なように改定するにしてもその回数が多ければ多いほど、クローラビリティーが下がる可能性が高まるのです。

これは非常に大きなお客さまのデメリットになっているのでしっかりとこれらを考えてホームページの修正依頼をすることで、ホームページの成果にマイナスにはならないホームページ運営が可能です。

そして最後に弊社は大阪でホームページ制作会社をしており、ホームページ運営サービスを提供しておりますので、ホームページ運営をご検討の方はお気軽にお見積りだけでもお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*