その他

ホームページの更新頻度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
更新頻度

ホームページの更新頻度をしっかりと定めることで、ホームページ運営を少し楽にすることが可能です。

このホームページ運営の更新頻度は非常に難しいものになっており、得にSEO対策をしているとある程度のグーグルの認識と合わせた更新頻度を保たなくてはならないのです。

そのため、SEO対策をしているとグーグルのペースを考えたホームページの更新頻度が必要になるため、それなりの更新量が増える計算になります。

そこで今回はホームページの更新頻度はどれくらいが良いかについてご紹介をいたします。

成果だけならそれほど必要がない

成果だけならそれほど必要がない

まずこのホームページの更新頻度を考える場合に、ホームページの成約率対策だけであれば、実はそれほど更新をしなくても良いものになっております。

例えばトップページから訪れた訪問者に何かしらの良い情報がある場合に打ち出すことで、そのページを見て御社がお問い合わせを獲得できるというものになっていて、この場合は実はそれほど更新頻度は意識しなくていいのです。

ただしやはり最新のネタについてはしっかりと上げていったほうがよく、常に最新の情報を公開していくことで、御社の技術力の高さを訪問者にアピールすることが可能です。

ただしその際に重要になるのが、そのページの質になっており、この質はしっかりと高めなくてはならず、ユーザが読んだ時にその内容をしっかりと理解ができるように文章を作成することが大切になってきます。

これらの記事作成については、上手い文章を書ける必要がなく、しっかりとユーザが読んだ時に少しでも読みやすく理解がしやすいように作成することが重要になっています。

そのため、自分は文章が下手だからということはあまり関係がなく、しっかりとユーザを理解して記事を書くことが大切になるのです。

SEOを考えたページ作成

SEOとページ作成

そして次にSEOを考えたページ作成の更新頻度はどのようなものになるのでしょうか。

この更新頻度は、本当に大変で、弊社のクライアント様では多いと1日に3記事を作成しており、少ない会社さまでも、週に1ページは作成いただいております。

もちろんこれよりも少なくて成果を出している会社も多くありますが、しかし現実的にはこれくらいのペースを保つことがSEOにおいてSEOにおいて重要であるように思われます。

その理由は基本的にグーグルはページを作成してもこのページは問題があると考えることがあり、この問題があると感じるページ数については不明でなぜそのような状態になるのかが分からないのです。

そのため、基本としては、月に1ページは価値があるページであると認めてもらうことができれば御社のホームページは本当に成果を生み出すようになり、期待以上の成果を得るのです。

ページの更新の日があっても良い

ページの更新の日

そしてさらには、SEOを考えた場合に、新規ページ作成ばかりを行うのではなく、しっかりとページの更新日があっても良いということを認識することも大切です。

この更新は闇雲に行っても意味がなく、しっかりと更新するべきページを把握してから更新するといいでしょう。

この更新すべきページは基本的には、グーグルが認識していないページになっており、グーグルから価値がないと思われているページはどんなにあってもSEO効果がないのです。

そのため、作成したページをしっかりとグーグルに認識してもらうことにより、御社のホームページは最高の更新パフォーマンスを保つことが可能になるので、しっかりと更新頻度を保つようにしなくてはなりません。

長くしていると更新が大変

長いと更新が大変

このようにホームページの更新頻度を保つためには、しっかりと定期的にページ作成を行う必要があるのですが、このページ作成は本当に大変です。

1日や2日程度の作業であれば楽に行えるのですが、しかし実際には1年単位での作業が必要になっているので、1年間毎日あるいは毎週ページを作成することはなかなか簡単にできるものではありません。

ただし、これらを行わないとSEOで言えばですが、検索順位が落ちるのでSEO効果が下がる、そして成約率は高まることがありません。

そのため弊社はもちろんですが、弊社のクライアントさまも毎日それなりの量の更新を行っており、これらを徹底して行い続けることにより本当に成果の出るホームページの更新としているのです。

しっかり更新しましょう

しっかり更新しましょう

ホームページ制作の成果と、更新頻度は非常に大切です。

そのため、ホームページの更新頻度をある程度意識をしてホームページの更新することは非常に重要な要素になってくるのです。

ただしこの更新はしなければ成果が下がる、行えば上がるというものになっているので、しっかりと成果が出るまで継続して更新作業を行い続けることで成功することが可能なのです。

ホームページの更新で成果が出れば、これ以上しばらくは成果は良いとなったら、かなり更新料を減らしても問題がないので、そこまで来るまではとにかくホームページの更新頻度を落とさないように対策を行い続けることで御社のホームページは本当に成功するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*