ECサイト

低価格で効果的なネットショップ制作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これから初めてネットショップを制作される方であれば、できる限り予算をかけずに効果的なネットショップを制作したいとお考えのことかと思います。

ネットショップの制作は、非常に手間のかかる作業になってしまうため、通常の企業サイトに比べ、比較的価格が高くなってしまう傾向がありますが、無料ツールなどをうまく活用することで、大幅にコストを抑えることが可能になります。

そこで今回は、これからネットショップを制作しようとお考えの方向けに、低価格で効果的なネットショップ作成法をご紹介いたします。

ネットショップ制作は高い

ネットショップを制作する費用と一般的なコーポレートサイトを制作する費用を比較すると、ネットショップを制作する費用のほうが圧倒的に高くなってしまう傾向があります。

その最大の理由は、webシステムにあり、最小限のコンテンツで制作されたコーポレートサイトであれば、お問い合わせフォームだけで良いのに対して、ネットショップの場合は、お問い合わせフォームやカートシステムが必要になるためです。

また、商品数の多いネットショップであれば、商品更新システムや、ユーザマイページ、メールマガジンの配信も必要になり、webシステムが多ければ多いほど、ネットショップ制作費は高くなる傾向にあります。

ネットショップで成果を出すために

ネットショップで成果を出すためには、主に3つのポイントに注力して制作しなくてはなりません。

集客について

ホームページから成果を出すために最初に検討するのが集客対策になると思います。

ネットショップの集客対策には、以下のようなものがあります。

SEO対策

集客対策として、多くの方が実施されているのがSEO対策になり、SEO対策を実施することで、ホームページのテーマとなるキーワードでの集客はもちろんですが、ニッチな検索ユーザの獲得も可能になります。

SEO対策には、内部対策と外部対策の2つの対策があり、どちらか一方だけを行うのではなく、内部と外部の両方を実施するようにしなくてはなりません。

リスティング広告

グーグル(アドワーズ)やヤフー(オーバーチュア)などの広告に出稿することで、検索結果の上部や下部にある広告スペースにウェッブサイトが表示されるようになります。

リスティング広告の上部は、1位に表示されたウェブサイトよりも上部に表示されるため、SEO対策を行わず、狙ったキーワードで非常に多くの訪問者数を集客することが可能です。

ただし、リスティング広告は、1クリックあたり数十円から数百円、高いキーワードでは数千円の費用がかかってくるため、あまり予算がない場合は、少額でのリスティングを行いながら、SEOの実施も行うことがお薦めです。

ソーシャルメディア

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアを活用し、ネットショップにユーザを集客します。

これからソーシャルメディアを始められる方は、まずはとにかくフォロワーを増やしていくことを考えながら、投稿していくことが重要になります。

実店舗などでの宣伝

こちらは、実店舗での営業もされている方のみになりますが、実店舗内にネットショップのアドレスを書いた名刺などを置いておくことで、店舗に来てくれた顧客がネットショップで商品を購入してくれるようになります。

成約対策

ある程度、訪問者の集客ができれば、次は成約対策を実施します。

具体的には、アクセス解析「グーグルアナリティクス」のデータを見ながら、ホームページが抱える問題点を抽出し、改善することで飛躍的にウェブサイトの成果を向上させることが可能です。

顧客の囲い込み

商品が売れるようになった後でも問題ありませんが、1度商品を購入してくれたユーザを囲い込むために、ユーザマイページを制作し、商品の購入履歴やメールマガジンの配信なども行い、リピーターの獲得を図ります。

そうすることで、常に新規顧客の獲得を行わなくてもよいネットショップへと成長させることが可能になります。

低価格で効果的なネットショップ制作法

低価格で効果的なネットショップを制作する方法をご紹介いたします。

ホームページはワードプレスで制作

低価格で効果的なネットショップを制作する際には、できる限りウェブサイトのページ数を増やさないようにしなくてはなりません。

ウェブサイトの制作費は、人日計算で算出されるため、ページ数が多ければ多いほど、制作時間も増えていき、制作費用の総額も上がってしまいます。

そのため、できれば1ページだけのシングルページで制作を行い、また中長期的なことを考え、ワードプレスで制作しておくことで、今後少しずつコンテンツを増やしていくことが可能になります。

カートはBASE(ベイス)を利用

ネットショップを構築したら必ず必要になるのがショッピングカートシステムになります。

このショッピングカートシステムをECキューブやワードプレスのプラグインなどを使った場合であっても、ある程度の予算は必要になるため、ネットショップを簡単に構築できるBASEというサービスを利用します。

ベイスはだれでも簡単にネットショップを制作できるサービスになっており、1ページのウェブサイトからベイスで制作した商品詳細ページへとリンクを張ることで、商品の魅力を十分に伝えることやカートを導入したウェブサイトとすることが可能になります。

スタッフブログを構築

上記では、十分なSEO効果を得ることが難しいため、スタッフブログを構築し、SEO対策を実施します。

スタッフブログでSEOを行うためには、1記事あたりの原稿量も意識しなくてはならず、大まかにですが、800文字以上の原稿のページを作成することが必要になります。

まとめ

今回は、低価格で成果の出るネットショップ制作法をご紹介させていただきました。

ベイスを利用することで、クレジット決済やカートシステムなどさまざまなシステムを無料で利用することができます。

ただし、ベイスでホームページを制作すると、SEOに弱いという弱点があるため、スタッフブログを構築して定期的な更新を行うことで、その問題を解消することが可能です。

また、商品数が5点以下のウェブサイトであれば、カートシステムを利用せず、お問い合わせフォームでも対応することが可能であるため、低価格でのネットショップ制作が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る