製造業・メーカー

製造業のホームページで成果の出ないSEOとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

製造業のホームページ制作で成果を出すためには、SEOは非常に重要な対策の1つになります。

多くのホームページ制作会社が、「SEOには、ホームページの更新が重要であるため、ホームページの更新システムを導入して、事例紹介や実績などをどんどん更新できるようにしましょう」と提案しています。

そのため、製造業のウェブサイトの多くがホームページの更新システムを導入して制作されていますが、間違えた更新方法を行っている、またはまったく更新がされていないため、よい結果を得ることができている製造業さまは少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOで成果がでないホームページの抱える問題点についてご紹介をいたします。

実績・事例紹介

実績や事例紹介ページで、よくあるSEO上の問題点をご紹介いたします。

原稿がほとんどない

ホームページ内に実績や事例紹介ページを制作している製造業さまは非常に多いですが、その中身は、写真を掲載しているだけでまったく原稿がなかったり、写真が一切なく何々を製作しましたなどの1行の文言しかなかったりと、ほとんど内容のない実績・事例紹介ページが多くあります。

もちろん、写真を掲載することで、ユーザのお問い合わせ動機としては、十分効果的な場合もありますが、検索エンジンは、テキスト情報が少ないページが多い場合、よい評価をしてくれることはあまりありません。

そのため、一つひとつの実績に対して、ユーザにその実績や事例の詳細をしっかりと伝えることができる独自のコメントを入れるようにしなくてはなりません。

また、画像を利用する際には、ALTタグに画像の説明文を入れることで、より検索エンジンから評価されるウェブサイトとすることが可能になります。

まったく更新されていない

ホームページ制作当初は、実績や事例ページを更新しようと考えていても、運営段階になるとまったく更新が行われていないウェブサイトが多くあり、ホームページ公開当初にホームページ制作会社が登録した数件の実績だけが掲載されていたり、最悪のケースでは、実績が1つも紹介されていない場合もあります。

更新しないサイトの検索エンジンの認識

検索エンジンは、更新がされないウェブサイトは、過去の情報しか掲載されていないウェブサイトであり、そのホームページに掲載されている内容は役立だたない可能性があると判断します。

そのため、定期的に更新されているホームページより、更新がされていないウェブサイトのほうが、評価が低くなります。

更新しないのに更新システムを搭載するデメリット

事例紹介や実績紹介に更新システムを導入したにもかかわらず、まったく更新を行わなかった場合、内容のないページが1ページ制作されてしまいます。

これ自体がSEOに大きな影響を与えることはありませんが、更新ができないページとしてホームページ制作会社に制作してもらっていた場合、【アルミ加工 実績 大阪】などのキーワードで集客ができていた可能性があります。

そのため、ホームページ制作前に、本当に更新するのかどうかを十分に検討して、もし更新を行わないのであれば、ホームページ制作会社に制作してもらったほうがよい結果を得ることができます。

新着情報

新着情報ページで、よくある問題点をご紹介いたします。

本文がほとんどない

例えば、実績を追加した場合に、実績を追加しましたというタイトルで、さらには本文にも同じ文言を書いているウェブサイトを見かけることがあります

しかし、そのような新着情報は検索エンジンが評価してくれることは無いため、必ずどのような実績かを記述したり、実績ページがある場合は、実績ページへのリンクを張ることが重要です。

休暇情報しかない

夏季休暇のお知らせなどしか更新されていないウェブサイトもよく見ます。

もちろん、休暇のお知らせは、非常に重要なコンテンツになりますが、休暇情報ばかりでは、新着情報を更新してもSEOの成果が上がることはないため、集客したいキーワードに関連する内容で、新着情報の更新を行うようにしなくてはなりません。

スタッフブログ

スタッフブログで、よくある問題点をご紹介いたします。

ビジネスに関係ない内容で更新

スタッフブログをSEO目的で更新する場合、できる限りビジネスに関連する内容で更新する方が効果的です。

検索エンジンが上位表示を行うウェブサイトは、他のウェブサイトよりも詳しい情報が掲載されたホームページになるため、ビジネスに関連する内容のページが多ければ多いほど、そのウェブサイトのことを評価します。

そのため、あまりビジネスと関係のない内容でブログを更新してもSEO効果が上がることはほとんどありません。

すべての記事で内容が薄い

スタッフブログのページすべてで文字数が少ないウェブサイトは、SEOで考えると効果が出ることはありません。

もちろん、記事の内容によっては極端に短いページがあっても問題ありませんが、すべてのページで文字数が少ないと、内容の薄いページを量産しているウェブサイトであると検索エンジンに認識されてしまいます。

まとめ

製造業のホームページで成果の出ないSEOについてご紹介をさせていただきました。

基本的にSEOは、そのページに検索エンジンから訪れたユーザが知りたい情報を網羅していることが重要になり、内容の薄いウェブサイトや、更新がされていないホームページを検索エンジンが評価することはありません。

また、さらには、必ずビジネスに関連する内容で更新を行う必要があります。

現在、SEOで成果が出ないとお悩みの製造業さまは、是非この機会に自社サイトを見直し、効果のないSEOを辞めて、効果的なSEOを行われてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る