採用サイト

中小企業の採用サイトの考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中小企業さまが採用活動の強化を行うために、採用サイトを制作することは非常に重要になります。

しかし、闇雲に採用サイトを制作しても、良い結果を得ることはできないため、期待通りの成果を得るためには、採用サイトについてしっかりと知識を持って制作しなくてはなりません。

そこで今回は、これから採用サイトを制作しようとお考えの中小企業さま向けに、採用サイトを制作する前に知っておきたい基礎知識をご紹介いたします。

採用サイトとは

採用サイトとは、コーポレートサイトとは別に制作する採用に関する情報に特化したホームページになります。

現在、多くの企業さまが採用サイトを制作しており、エントリー数の向上や、求める人材からのエントリーの獲得を図っています。

採用サイトを制作すると、エントリー数が増加する理由は、通常のコーポレートサイトでは、取引先や見込み顧客に対して情報を公開しているため、求職者に対して十分に御社の魅力をアピールできていないことが原因になります。

特に、新卒の方や異業種からの転職を考えられている方にとっては、どんなに簡単に情報を掲載しているつもりであっても、非常に難しく感じることもあります。

そのため、採用サイトを制作することで、まったくその業界に対して知識のない方であっても分かるように記載することができ、求職者により深く御社の事業内容を理解してもらうことが可能になります。

また、さらには御社の考え方や社員さまの考え方などについて、十分な情報発信を行うことが可能になるため、求める人材からのエントリー数の向上も可能になります。

採用サイトを制作する前に

採用サイトを制作する前に知っておくべきポイントをご紹介いたします。

必ずSEOを行う必要がある

採用サイトを制作すれば、自然とエントリー数が増えるということはなく、採用サイトに訪れるユーザを集客するための対策が必要になります。

例えば、大手企業さまであれば、【社名 採用】などの検索ワードで、ユーザが自然と訪れてくれますが、中小企業さまの場合は、社名を知っている求職者が少ない可能性があるため、なかなか【社名 採用】などのキーワードでは集客が難しくなります。

そのため、採用サイトに訪問者を集めるためには、必ず【ホームページ制作会社 大阪 採用】などの「業種名 (地域名) 採用」などのキーワードでSEOを実施しなくてはなりません。

採用サイトの活用法

採用情報だけで採用活動を行おうとすると期待通りの成果を得ることは非常に難しくなります。

実際に、弊社は大阪でホームページ制作を行っていますが、弊社のクライアントさまでも、エントリー数を増やすための対策を、検索エンジンから採用サイトに集客するしか検討せず、その他の活用法をされていない企業さまもいらっしゃいました。

その場合のエントリー数は、あまりよいとは言えず、期待通りの成果を得ることができていませんでした。

そのため、採用サイトの位置づけを見直し、例えば就活サイトにリクルートサイトのアドレスを掲載し、就活サイトでは情報公開できなかったコンテンツを見せることや、会社説明会などで伝えきれなかった情報を採用サイトで見てもらえるようにすることで、エントリー数と求める人材からのエントリー率を大幅に向上させることが可能になりました。

そのため、採用サイトへの集客を検索エンジンだけに限定するのではなく、さまざまな手法で採用サイトへと集客することが重要になります。

改善が重要

採用サイトは一度制作して終わりではなく、新規ページを作成したり、アクセス解析などのデータを見ながら、問題点の発見と改善を繰り返し行って初めて本当に効果的な採用サイトへと成長します。

そのため、採用サイトを制作する際には、ホームページの更新システムを導入して、自先輩社員の声の追加や募集要項の変更などを行える必要があり、またアクセス解析を導入し、採用サイトの問題点の抽出と改善を行わなくてはなりません。

採用サイトを制作する前の調査

採用サイトを制作する際には、求職者がどのようなキーワードで検索を行うかについても知っておかなくてはなりません。

そのためには、検索ユーザのニーズ調査を行うことも重要になりますが、その辺りはホームページ制作会社が行ってくれるため、就活サイトから情報を確認して、ユーザの検索ニーズを検討します。

具体的には、就活サイトでは、サイト内検索機能が付いていることが一般的で、サイト内検索でよく利用されている検索ワードの紹介を行っております。

これらのキーワードをチェックして、採用サイトの制作についてホームページ制作会社と打ち合わせを行う際に、そのキーワードでページを作成したり、本文内に利用できないかを相談することで、検索エンジンからの訪問者をより多く集客できるようになるほか、ニーズが合致する訪問者を効率よく集客できるようになります。

まとめ

今回は、採用サイトを制作する前に知っておくべきポイントをご紹介いたしました。

採用サイトを制作する際には、多くの場合が、デザインについてや、コンテンツについてのみ検討することが多いですが、もちろんそれらも重要にはなりますが、採用サイトをどのように活用していくかも検討しなくてはなりません。

これから採用サイトを制作しようとお考えの企業さまのご参考になりましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*