ECサイト

ネットショップはフルスクラッチが良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ネットショップはフルスクラッチ開発が良い

弊社は大阪でホームページ制作をしているのですが、このホームページ制作をしていると結構な頻度で、ネットショップを制作したいというご要望を頂きます。

このネットショップ制作法は、最近であれば、ショッピファイが有名で、また他の対策としては、BASEなどは無料で使えるネットショップとしてかなり知名度があります。

また、その他の方法として、ワードプレスのウェルカートを利用したホームページ制作などもあり、これらをしっかりと検討して対策建てていくことでそのネットショップの売上は向上します。

そしてこれらのツールを使ってきた弊社としてはできればネットショップ制作はフルスクラッチが良いと考えております。

そこで今回はネットショップはフルスクラッチが良いという点についてご紹介をいたします。

BASEの制作法

BASE制作

まずネットショップの制作法はさまざまなものがあります。

例えばコストをかけずに制作したい場合においてはBASEを利用する方法などがあります。

このBASEについては確かに手数料などの問題もあるにしても、しかし実際に全くこれまでウェブサイトを利用していない方であってもネットショップ制作ができるくらいのものになっており、弊社では早く商品をネットに上げたいという場合に利用しています。

ただし、この場合においては、検索からの訪問者を期待してもほとんど意味がなく、どちらかというとリアルでの活動やソーシャルメディアをすでに運用している場合にお薦めしております。

基本的にはBASEはそこまでSEOに強いツールではありませんので、単純に商品をアップしてSEOで誰か買うだろうというノリであれば、公開する時間が無駄になるので、その時間を使ってスタッフブログの更新をお願いしているのです。

そしてこれらを徹底していくことでホームページは飛躍的に効果的なものになり、期待以上の成果を出せるようになっています。

ウェルカートでの制作

ウェルカート

そしてネットショップの制作法は他にもあり、ウェルカートでネットショップを制作する方法があります。

このウェルカートを利用したネットショップ制作法については、基本的にはワードプレスを導入してそこからプラグインのウェルカートを導入することで制作することが可能になるのですが、実はこのウェルカートについては、確かにネットショップ制作は可能なのですが、しっかりとカスタマイズする必要があります。

例えばこちらの、ANA・JAL株主優待即納サービス | ホームページ作成 大阪|株式会社セブンデザインのホームページはウェルカートで制作しているのですが、実はかなりのカスタマイズを行っており本当に制作が大変な案件でした。

何が大変か

何が大変

ではこちらのANA・JAL株主優待即納サービスにおいて何が大変だったのでしょうか。

これについては基本的にはウェルカートあり気で制作しているのではなく、お客さまのビジネスあり気でホームページを制作したのですが、このお客さまのビジネスにウェルカートを最適化させることが本当に手間のかかる作業でした。

例えばこちらのウェルカートにおいては、基本的にはこちらのANA・JAL株主優待即納サービスでは、商品購入者にメールで納品をするのですが、この納品を同時購入されると、データベースで同じものを引っ張ってくるという問題がありました。

これは当初に想定していなかったものになっており、実際にこちらは一例になるのですが、その他にもさまざまな問題点を抱えたホームページとなっておりました。

そして次にこれらをすべて直したのですが、しかし実際にウェルカートの売上販売の管理が非常に分かりづらいものになっていたので、こうしたいという要望をいただきましたが、これはとりあえずは保留とさせていただきました。

もちろん直したほうが良いのは良いのですが、しかし実際にこれらを直すことは、そこまでやってしまうともう初めからオリジナルシステムで構築したほうが良いと思われましたので、取り敢えずは現段階ではそこで止めて頂き、今後何かしらのタイミングでリニューアルを実施しその時に改定することとなりました。

フルスクラッチ開発

フルスクラッチ

基本として、ANA・JAL株主優待即納サービスはワードプレスとウェルカートで制作をしているのですが、しかし実際に制作をしてみてお客さまとしては少し不満が残るものになっていたようです。

そのため、基本としてはお客さまの要望はおそらくフルスクラッチでなくては対応できないと考えて、取り敢えずは売上が上がればフルスクラッチでの開発をお約束いたしました。

そのため、現在こちらのホームページにおいては、現状確かに不便はあるモノの、不具合が起こる可能性は非常に低いものになるまで改定しているので、しばらくはこちらで運営を頂くこととしております。

そしてある程度売上が立ってきたらフルスクラッチ開発とすることで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*