ECサイト

双子用抱っこ紐のシンプルなネットショップ制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
双子用抱っこ紐サイトの制作

先日弊社では、双子用抱っこ紐のシンプルなネットショップ制作を行いました。

こちらのネットショップでは、非常にシンプルに制作をしており、基本的には1ページのホームページと特定商取引などの必要なページ、そしてスタッフブログ、カートシステムは使わずお問い合わせフォームでの制作を行いました。

そしてこれらをしっかりと行うことで、それなりに効果のあるホームページを制作することができたのです。

そこで今回は先日の弊社の案件である双子用抱っこ紐のシンプルなネットショップ制作についてご紹介をいたします。

双子用抱っこ紐のシンプルなネットショップ制作

双子用抱っこ紐のネットショップ制作

先日弊社では、双子用抱っこ紐のシンプルなネットショップ制作を行いました。

こちらのホームページでは商品数も少ないという点があるのですが、非常にシンプルな作りをしており、基本的なコンテンツとして、1ページのホームページ制作と、スタッフブログの制作だけになっております。

そしてネットショップとなると、基本的にはショッピングカートシステムの開発なども必要ですが、今回のホームページ制作では、お問い合わせフォームでの制作をしております。

このお問い合わせフォームでの制作を行うことで、カートに関わるさまざまなページの制作が不要であることなどがあり、非常にページ数を抑えたホームページとなりました。

さらにカートがないとマイページがないのでユーザの囲い込みができないと考えられてしまいますが、実はこの双子用抱っこ紐は1度購入したら買いなおすということが非常に稀な商品になっているので、もちろんマイページを作って書き込んだほうが良いですが、基本は1人につき1回の購入が当たり前の商品になっています。

そのため第一フェーズとしては非常に効果的なものになっており、今後はしっかりとホームページ運営を行うことでホームページ制作の成果を高めていこうと考えております。

基本的には売上が上がった段階で、少しずつ予算をかけてホームページの改定を行うことを検討されているということです。

双子用抱っこ紐は検索だけでは難しい

双子用抱っこ紐は検索だけでは難しい

そしてこの双子用抱っこ紐については、結構SEO対策も苦戦することが推測され、それは記事を作成する時間が実はイベントへの参加などを中心に営業をされているのでなかなか取れないという点になります。

基本的にはSEO対策のためには記事作成が必須になっており、この記事作成を行わなければSEOで効果を出すことはできなくなっております。

そしてこの記事作成については本当に大変な作業を伴うものになっており、なかなかじっくりと時間を取って行うことは難しい会社さまでは厳しいものになっているのです。

ただ、そういっても、SEO対策を行うにはブログの更新は必須になっており、これらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

そのため、ブログの更新はチャンスがあれば必ず更新していただくようにすること、そして変わりにソーシャルメディア運用をしっかりと行っていただくようにしており、これらを行うことで、SEOも半分、ソーシャルメディアも半分の成果を得ることができれば、取り敢えずはホームページの成果を実現できると思われます。

このように弊社のホームページ制作の提案の基本は確かにSEO対策になっていますが、SEO対策が厳しい双子用抱っこ紐のホームページなどの場合においては、その他の対策も並行していくことで、本当に成果の出るホームページ制作としています。

制作後が大変

制作後が大変

そして双子用抱っこ紐さまのようにSEO時間があまり取れない場合においても、ホームページ制作を行った後成果を出すためには本当に大変な運営を行っていかなくてはなりません。

基本的にはホームページ運営量がSEOと密接に関わっており、ライバルよりも多くのページをそしてライバルよりも、高い更新頻度を保つことで、ホームページ制作は成功するのです。

実際に弊社のクライアントさまにおいては、すでに半年以上も1日3記事の公開をノルマとしているのですが、この効果は非常に高く、現在大半のキーワードで9位前後となっているのです。

これは単純にホームページ運営をしっかりと毎日行っているので、ライバルよりも詳しいホームページであるとグーグルが認識してくれたことが要因になっており、これらをしっかりと行うことは本当に成果を出すことが可能です。

ただし、双子用抱っこ紐のホームページのようになかなか時間が取れない場合は、SEOだけに依存せずさまざまな集客対策を並行して行う必要があり、これらをしっかりと行うことで、ホームページ制作の成果を最大化することが可能です。

そしてなかなか進みませんが、ライバルよりは更新頻度も多いので、どこかのタイミングでグーグルがライバルよりも詳しいホームページであると認識してくれれば、そのホームページの成果は飛躍的に高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*