採用サイト

採用サイトによくある「社員紹介」の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

採用サイトにおいて、企業の魅力を伝えるために、重要なコンテンツの一つである社員紹介ですが、まだまだ目的をもって社員紹介ページを作成されている企業は少ないように感じます。

闇雲に作成した社員紹介ページでは、まったく意味のないコンテンツになってしまいますが、社員紹介ページから就活生や求職者に何を感じ取ってほしいかを明確にして制作した場合は、御社の魅力を最大限伝えることができ、エントリー率の向上を図ることが可能になります。

今回は、採用サイトを制作する際に、非常に重要なコンテンツの1つである社員紹介の重要性と制作法についてご紹介をいたします。

社員紹介に求められるもの

採用サイトを制作する際に、競合他社も作成しているという理由から社員紹介を作るのであれば、まったく意味のないコンテンツになってしまいます。

そのため、なぜ社員紹介コンテンツを制作するかを明確にする必要があります。

社員紹介コンテンツの目的は、自分と同じ境遇の人がどのように働いているのかを知ることで共感させエントリーしてもらううことや、どういう考え方の人たちが働いているかを紹介することで求める人材にエントリーをしてもらうことになり、闇雲に社員紹介コンテンツを制作するのではなく、目的に合ったコンテンツ作成を行っていくことが重要になります。

社員の人選

エントリーを獲得できる採用サイトとするためには、目的に合った社員を紹介する必要があります。

よくある間違いが、仕事のスケジュールで人選を行ってしまうことになり、そのような人選では、エントリーを獲得できるほどの魅力を伝えることができないため、必ず目的に合った人選を行わなくてはなりません。

具体的には、募集している部署の方であることはもちろんですが、キャリアごとに紹介すること、年齢は求める人材に合致する年齢層を多めに紹介すること、さらには会社のビジョンを伝えるために、社長や人事部、募集をしている部署の部長なども掲載することで、より説得力が増し、エントリーに直結する社員紹介とすることが可能になります。

原稿や写真について

社員紹介に掲載する原稿や写真についてご紹介をいたします。

原稿作成のポイント

社員紹介の原稿作成法で、ホームページ制作会社や人事部の方が質問用紙を用意して、回収した用紙の内容をそのまま社員紹介ページに掲載するパターンが多くありますが、それでは十分な効果を得ることは難しくなります。

できる限りインタビュー形式にして、1人の担当者がすべての原稿を作成する方がよく、1人の担当者が原稿を作成することで、求める人材に対して最適な文章を考えながら作成することが可能になります。

またさらには、原稿のクオリティーの均一化を図ることが可能になり、どの社員紹介を見られても、一定の効果を上げることができるようになります。

写真撮影のポイント

写真撮影のポイントは、硬いイメージの写真の他に、普段の何気ないシーンやインタビューを受けているときの写真などを利用することで、より訪問者に社内の雰囲気などを感じ取ってもらうことが可能になります。

動画の利用も効果的

最近であれば、動画を使った社員紹介を行われている企業も増えてきています。

動画を活用することで、求職者に対して、御社のイメージを直観的に伝えることが可能になり、より求める人材からのエントリーを増やすことが可能です。

SEOに力を入れている場合は、単に動画だけを掲載するのではなく、話している内容をテキスト情報として、公開しておくことで、SEOにも効果的な社員紹介ページとすることが可能です。

ただし、動画を利用する場合は、テキストのみの社員紹介ページと比べ、声の大きさや話し方など、さまざまな点で注意を払わなくてはならず、取り敢えず動画が流行っているから動画で公開しようという考えでは、逆にマイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

SEO上の注意点

もし、御社が社員紹介を作成して、ホームページのアドレスに社員さまの名字や名前を使っている場合は、中長期的に考えた場合に、そのページのアドレスを定期的に変更する必要がでてくるため、SEO上はあまり良い状態であるとは言えません。

そのため、SEOに力を入れている場合は、長く使えるようなアドレスを付けることが重要で、例えば「/interview/tanaka.html」ではなく「/interview/staff-1.html」などとする方がお薦めです。

まとめ

採用サイトにおいて、社員紹介は非常に重要なコンテンツの1つになり、社員紹介を目的を持って作成することで、エントリー数が向上することはもちろんですが、求める人材からのエントリーを増やすことが可能になります。

そのため、現在採用ページは作成しているけれども、まったく成果が出ないや、求める人材からのエントリーがないとお悩みの方は、ぜひ当記事を参考にして、社員紹介ページをリニューアルされてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る