採用サイト

採用サイトを制作するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在、多くの企業さまでは、理想の人材確保のために、採用活動に力を入れています。

しかし、従来のやり方では、応募は来てもなかなか求める人材や、20代前半の若手層からの応募がないと、お悩みの採用担当者さまは多いのではないでしょうか。

そのような場合、まずは採用強化のための対策として、採用サイトの制作がお薦めです。

今回は、採用活動に力を入れているけれども、なかなか上手くいかないとお悩みの方向けに、採用サイトを制作するメリットをご紹介いたします。

採用サイトとは

採用サイトとは、コーポレートサイトとは、まったく別のデザインやコンテンツで作成する採用に特化したホームページのことを言います。

採用サイトを制作する理由は、コーポレートサイトでは、取引先や株主、ステークホルダーのための情報発信を行うコンテンツを作成することが一般的であるため、新卒の学生や中途採用者向けにコンテンツを作られることはあまりありません。

そのため、求職者が知りたい情報をあまり打ち出せておらず、また専門用語が多く使われている場合などは、学生や異業種からの転職を考えている方にとっては、何をしている会社なのかを明確に知ることができません。

さらには、応募をするにあたり、会社の雰囲気や働いてる人たちの考え方など、就職してもやっていけるかどうかなどの情報も求職者にとっては、非常に重要な情報となりますが、コーポレートサイト内にそのような情報が配置されていることは、滅多にありません。

そのため、採用サイトを制作し、求職者に対して、会社の情報や求める人材像、ビジネスの内容などのコンテンツを分かりやすく作成することで、御社がどのような人材を求めているのか、また会社の業務内容についても求職者に正しく伝えることができ、求める人材からのエントリー数の増加を図ることが可能になります。

採用サイトを制作するメリット

採用サイトを制作するメリットをご紹介いたします。

デザインを求職者に最適化できる

コーポレートサイトとは別に採用サイトを制作することで、求職者向けにデザインを最適化することができます。

一般的なコーポレートサイトのデザインは、ユーザビリティ―を考慮したデザインを作成することが多くありますが、採用サイトの場合は、若い世代向けにデザイン性を重視したウェブサイトを作成することが一般的です。

そうすることで、学生や若い世代に、まずは興味を持ってもらえることが可能になり、ウェブサイト内をしっかりと閲覧してもらえるようになります。

コンテンツを求職者に最適化できる

一般的なコーポレートサイトでは、ビジネス用語や業界用語、専門用語などを多用してしまいがちです。

もちろん、ターゲットが理解できる用語であれば問題ありませんが、採用サイトを制作していない場合、求職者もコーポレートサイトの内容からビジネスの内容や会社の考え方、求める人材像などを把握していかなくてはなりません。

このような場合、求職者の中には、勘違いをしてしまい、エントリーをしてしまうこともあり、企業側と求職者でミスマッチが発生してしまい、入社後にこんなはずではなかったと、早期退職されてしまう可能性があります。

採用サイトを制作することで、より具体的に求める人材についてや、会社の情報などをユーザにとって分かりやすく発信することが可能になるため、企業側と求職者でのミスマッチを最小化することが可能になります。

同業他社との差別化が明確になる

例えば、同業他社が採用サイトを作成していた場合、同業他社を受けている求職者はどちらが採用に力を入れており、エントリーしたいと考えるでしょうか。

もちろん、両方にエントリーする可能性は非常に高いですが、どちらか一方だけをエントリーしようと考えたときには、採用サイトによって会社の雰囲気や考え方を把握できている方を選択する可能性が非常に高いです。

企業側が人材のミスマッチにより、早期退職されてしまわないように対策を考えるのと同様に、求職者もミスマッチを減らし、長く働ける会社を求めています。

そのため、採用サイトを制作することで、求職者にとっても分かりやすい会社とすることができる他、採用に真剣に取り組んでいる会社として認知してもらうことができ、競合他社との差別化が実現可能です。

採用サイトを制作する際の注意点

採用サイトを制作する際には、どのような人材が欲しいのかや、学生や異業種からの転職者に対して、分かりやすい内容にするためには、どのようなコンテンツを作成すればよいのかを、しっかりと考えてからホームページを作成することが重要です。

ホームページ制作会社が作成したサイトマップをなんとなく理解するだけではなく、そのコンテンツに対してどんな文章が入るのかまでをイメージしてから制作に入らなければ、せっかく採用サイトを作成しても、まったく効果の出ないものになってしまいます。

まとめ

今回は、採用サイトを制作するメリットをご紹介させていただきました。

もちろん、採用サイトを制作するデメリットもありますが、本当に求める人材を獲得するためには、採用サイトは必要不可欠になります。

採用サイトを制作するかお悩みの方は、ぜひこの機会に採用サイトを制作し、求める人材確保を行われてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る