飲食業

飲食店名で上位表示させるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

飲食店さまのホームページの場合、食べログやホットペッパーグルメなどのグルメポータルサイトに、店舗情報を掲載していると、店舗名で検索したときに上位表示が非常に難しいと言われています。

それは、グルメポータルサイトは、SEOにかなり力をいれているためであり、自社のウェブサイトが検索結果でグルメポータルサイトよりも上位に来るためには、それなりにしっかりと対策を行う必要があります。

そこで今回は、これから店舗名で検索したときにグルメポータルサイトよりも上位表示したいとご検討の飲食店さま向けに、店舗名で上位表示させるための対策法をご紹介いたします。

必ず上位に上がるわけではない

今回ご紹介する対策は、基本的なSEOをしっかりと行うための対策になっており、店舗名でのSEO対策となっています。

しかし、グルメポータルサイトは、それよりもSEOとして評価されている可能性があり、この対策を行えば必ず上がるとは言えません。

万が一対策を行って、上位に来ない場合は、ページタイトルやメタディスクリプションに【公式】と入れるようにし、検索結果ページで公式サイトであることを告知する対策になります。

ページタイトルの見直し

ページタイトルを見直します。

ページタイトルが極端に長い場合は、トップページのページタイトルを思い切って店舗名だけにしたり、「居酒屋●●」などに変更します。

ページタイトルを短くする理由は、短ければ短いほど、そのキーワードでの評価が向上する点と、あまりに長い場合は、ページタイトルの後ろのほうをグーグルが認識してくれないためです。

もちろんトップページ以外のページについてもできる限り短くすることと店舗名を入れることで、SEO効果を高めていきます。

ただし、ページタイトルはすべてのページで固有のものである必要があるため注意が必要です。

メタディスクリプションの見直し

メタディスクリプションとは、検索結果ページのタイトルの下に表示される3行ほどのテキストになります。

このメタディスクリプションは直接SEOに関係はありませんが、検索ワードと合致したキーワードは太文字で表示されるため、ここに「【公式】●●」と記述することで、ユーザの目につきやすくなり、公式サイトであると認識してもらうことが可能になります。

ただし、メタディスクリプションを入れても、必ず表示されるものではなく、ユーザの検索ワードとメタディスクリプションの関連性がない場合は、グーグルが自動で抽出した文言に差し変わるため注意が必要です。

ロゴのALTに店舗名を入れる

通常ウェブサイトの上部にロゴを配置していると思いますが、そのロゴのALTに店舗名を入れ、ロゴをクリックしたらトップページへと飛べるようにします。

このALTに店舗名を入れてトップページへとリンクを張る行為は、店舗名はトップページにとって重要なキーワードであるとグーグルに伝えることができる対策になり、店舗名でのSEO効果を大きく向上させることが可能になります。

ページの下部に店舗名

ページの下部に店舗名を入れることで、すべてのページに店舗名を入れることが可能です。

グーグルなどの検索エンジンは、ホームページ内で利用されていない文言については、基本的には検索結果ページで表示されないようになっているため、全ページ共通のページ下部に店舗名を入れることができれば、すべてのページに店舗名を入れることが可能です。

基本的なファイルの設置

現在、ロボットテキストやXMLサイトマップが、トップページと同階層にアップロードされているかの確認を行います。

これらのファイルは、基本的なSEOとして必ず必要になるため、もしアップロードしていない場合は、必ずアップしておかなくてはなりません。

各種ツールの導入

グーグルが提供するグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、ビングが提供するビングウェブマスターツールは最低限導入しておくべき分析ツールになります。

また、グーグルサーチコンソールは、ウェブサイトの情報をグーグルに送信できる機能も付いているため、もし導入されていない場合は、必ず入れておくようにしましょう。

サテライトサイトの制作

もし、予算に余裕があるようであれば、サテライトサイトの制作を行い、そこから本体のホームページへとリンクを張るのも効果的な対策です。

サテライトサイトとは、本体サイトとは別のホームページになり、例えば飲食店であれば、サンドウィッチなどのある分野に特化したウェブサイトになります。

このサテライトサイトは、リンク目的として制作するのではなく、本当にユーザにとって役立つ価値のあるホームページを制作しなくてはならず、ユーザにとって役立たないサテライトサイトを制作しても、被リンクの効果はもちろん、サテライトサイトの集客も期待できないため注意が必要です。

ブログを更新する

もし、ホームページ内にスタッフブログなどのコンテンツがある場合は、スタッフブログをしっかりと運営していくことで、検索順位を大きく向上させることが可能です。

店舗名だけで良いのであれば、特に内容についても気にする必要はありませんが、1記事あたりの原稿量は1,000文字程度にしなくてはなりません。

まとめ

飲食店が店舗名で上位表示するための対策法をご紹介させていただきました。

上記対策のうち、サテライトサイトの制作とブログを更新するは、非常に効果的な対策になっているため、継続して行っていけば、いずれ上位表示を行うことが可能です。

ぜひ、店舗名での上位表示ができないとお悩みの方は、今回ご紹介した対策法を試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*